Why Philippines?

なぜフィリピン?

フィリピンは、日本から約4時間と非常に近距離に属している。公用語は、タガログ語と英語であり、日本人の留学先の一つに上がるなど、日本にとっては非常にコミュニケーションが取りやすい国の一つである。国民の9割以上がキリスト教であり、親日国であることも知られている。

 1.言葉(英語)

フィリピン人は、アメリカの植民地であったこともあり、国民の大半が英語を話すことができます。一方の公用語であるタガログ語も子音が『あ、い、う、え、お』であることも日本語と親和性が高い。日本と同様に、島国であるため、様々な方言(方言だけでなく、別言語)も多岐にわたり、他国語を話すことにかけては『天才的』です。

 2. 距離

日本から飛行機で約4時間と、立地的にも行きやすく、その他アセアンの国に比べると旅行疲れも格段に低い。航空便は、ANA、JALをはじめ、フィリピンの航空会社フィリピンエアライン、LCCも多く飛んでおり、便には優れている。

 3. 親日

フィリピン人は、昔から日本での就労者が多く、いまだに、日本神話が根付いています。『日本で働けば、家が一軒建つ』と言われる程です。これには、日本人先人たちが作り上げてきた日本への憧れからもきています。100人が100人日本へ行きたいというほど、日本への魅力は浸透しています。2019年には訪日フィリピン人の数がASEAN第2位の61万人を超えを記録し、ますますの日本ブームは、鳴り止まない。

 4. 失踪率

フィリピンは、良くも悪くも人材派遣国としての歴史が長いため、国のルールがしっかりしています。そのため、人材の失踪率が他国に比べ、格段に低い(1%未満)。ベトナムに至っては、日本出国前に、何十万円もの費用も借金を背負い入国しています。フィリピンは、借金を背負わすことを違法としているため、失踪に繋がりにくいという背景がある。